エンジニアの仕事と結婚への将来性

エンジニアは、専門的な技術をもって技術者ではない人には作り出すことができない付加価値を生み出すことが仕事である。その高度な専門性が必要とされる仕事は個々の企業レベルではそれほど多くはなく、その仕事を行ってもらうのに足りる最小限度の少数精鋭で担われていることが一般的な傾向となっている。
これは、その技術力があることや資格を有していること等によって人材自体にも付加価値がついているため、企業としては給与水準を高めに設定しなければならない。必要最低限の人数で仕事を回してもらうことで、できる限り経費を削減したいと考えるからである。

そのため、技術提供が必要とされる企業の現場においてはエンジニアの人数が不足気味になっている場合すらあり、基本的には仕事に忙しい状況になる傾向が強い。
仕事の内容によっては休みの日も仕事を行わなければならなかったり、夜間の作業が必要となったりする場合もあることから、規則正しい生活を送ることができない職場も稀ではない。そういった影響はプライベートにしばしば影響を与えてしまうこともあり、特に恋愛においては自由にデートができずに苦労してしまうことも多い。

しかし、エンジニアは概して給料の水準が高めであることから、恋愛から結婚を視野に入れるようになるとプラスに捉えてもらえるようになる傾向が強い。
そのため、家庭生活との両立をうまくできるようになると結婚も有利に行える仕事なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です